和数寄人日記

wasukibito.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 26日

第25回 全国削ろう会 秦野大会

    
                 第25回削ろう会が、2月20.21日神奈川県秦野市で開催されました。
                今回は、全国植樹際の記念イベントということもあり、市を挙げてとても賑やかな大会でした。
                秦野市は、丹沢山地の麓に位置し、自然がたくさんあり、本当に綺麗なところでしたよ。

a0134102_11415956.jpg


                  この削ろう会の牽引者、直井棟梁 千賀棟梁、上条先生の面々・・・。
                  岩国市錦帯橋の海老崎棟梁にもお会いすることができました。

a0134102_11422151.jpg


                  大会2日目、削ろう会の一つの目玉である大鉋の登場です。
                  丹沢産の7mの大きな檜柱を豪快に削り、会場を盛り上がらせていました。

a0134102_11423934.jpg


                  こちらの鉋、なんと台を透明なアクリルで・・・・。
                  あまりに綺麗で、みなさん食いつかれておられました。 
                  いつも遊び心満載で、見学者を楽しませてくれます。

a0134102_1143090.jpg


                  削ろう会では、鉋だけではなく、色々な大工道具に出会えるのも魅力です。
                  しかも、それらの道具も一般の人に触れてもらい、分かりやすく使い方を教えてもらえます。
                  絶滅器具種、槍がんなもここにくれば、出会うことができますよ。

a0134102_11431563.jpg


                  地元実行委員会の谷さんも、鑿をすけた変わり鉋でパフォーマンス!

a0134102_11434086.jpg


                  こちらは台に、大工のげんさんを乗っけて鉋をひもで引っ張り、二人で薄削り!
                  会場は笑いの渦でした。  本当に面白かった・・・ ハハハ笑!

a0134102_11435826.jpg


                  ここでは、こんな鉋にも出会える。
                  一つの鉋に、刃が三枚しこまれた、御殿場の武藤棟梁の鉋。

a0134102_1144135.jpg


                  ステージには、たくさんの大鉋が並べられた。
                  これだけの大鉋が集まる場所・・・・・世界でここだけでしょうね。

a0134102_11442829.jpg


                 鉋は家を造る時の道具の一部に過ぎません。しかし、この鉋により、たくさんの人の心を魅了し、
                感動を与えるのも事実です。


                 この大会は、単に薄く削る事を競うだけではなく、日本古来の優れた文化を継承しながら、
                木の持つ魅力を、一般の人に伝えることのできる、大切な場だと思います。
                
                 
                今後も、大会の継続と、発展を心より祈ります。 
                


                                                和  数  寄  人
[PR]

by wasukibito | 2010-02-26 13:12 | お勉強の旅


<< 倉吉市無形民俗文化財 生田の管...      小椋設計事務所 山陰の木の家 見学 >>