和数寄人日記

wasukibito.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 18日

出雲大社御本殿 大遷宮 見学会

 2月10日 和数寄人28名で出雲大社御本殿見学会に行って参りました。
 和数寄人にはもともと名簿などなく、伝統文化・伝統技法の継承と職人の社会貢献に賛同する人の集まりなので
職業も県境も超えて活動しています。今回は遠く長野県から新建新聞社様も参加されました。

 今回は清水建設様と後藤屋様にご協力頂き、特別に工事個所や時代背景など様々な事を教えて頂きました。

     伝統文化の保存継承者から今春大工になる高校生まで幅広く参加していただきました。
a0134102_15515428.jpg























神域に入る前に、清水建設金久保工事長から、出雲大社の歴史から工事概要まで説明をしていただく。


a0134102_1552389.jpg


















 建屋内は撮影が禁止されていて、画像がお見せできないのが残念ですが、参加者の表情をお楽しみ下さい。
 入場から退場までおよそ2時間半。建築関係者が多いので、おのずと質問が多くなり長くなってしまいましたが、
皆さん満足された事と思います。
 僕自身も施工に携わっていながら初めて上がらせて頂いた所も多くあり、ちゃん塗された千木・勝男木を
拝見する事ができ、その雄大さに感動してしまいました。

a0134102_15521129.jpg






















 勿論、夜は懇親会・・・。
 和数寄人では見学と共に、実際に遷宮に携わる方とのコミュニケーションも大切な勉強の場と考えています。
 金久保工事長はじめ中村監督・後藤棟梁・後藤屋酒井さんにご参加いただき、大変盛り上がりました。
 知識の共有も大切だけれど、心の共有は懇親会なしには成り立たない。大切な事だと思います。

a0134102_15522546.jpg






















今回の御本殿見学会により、各職方と日本の宝を間近に見学することで日本の伝統文化の尊さを感じ、
保存継承に対し共通した感覚を育むことができたと思います。
今後の和数寄人の活動に繁栄していくまたとない機会になりました。

                                                  和 数 寄 人


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-02-18 17:41 | お勉強の旅


<< わがままに仕事する。(玄関編)      和数寄人 太子講に参加 >>