和数寄人日記

wasukibito.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 01日

左官職人 佐治三津弘 アメリカ壁塗り紀行 出発



 夏のとある日、僕のもとに智頭のサカモトさんから電話が。 「知り合いの大工さんがアメリカで壁を塗ってくれる左官職人さんを探してるんですけど」   「それなら職人の宝箱和数寄人にいい左官さんがいますよ・・・。」  その後話はスムーズに進み、入念な打ち合わせを重ねようやく出発の日が来ました。
 今回は仕事ではなく、日本建築の好きな方のお宅を完成させるため、お手伝いに行かれるそうで、佐治さんの熱意にはタジタジになります。と同時に羨ましいです。 「佐治さん鞄持ちはいりませんか?」 「いえ、一人で十分です。」 見事に断られる。 あはは・・・

a0134102_1443717.jpg


いつもと違うおももちで荷物の最終チェック、愛用の鏝も丁重に… するといきなり鏝談義が始まる。 あはは
ちなみに佐治さんの鏝は、鍛冶の町三木市の梶原鏝製作所の鏝を愛着深く使っておられます。

a0134102_14432163.jpg


 彼が今回行くのはアメリカ東部ケンタッキー州ルイビル  モハメド・アリの生まれた所らしい。
 いろいろな縁があり、彼はこのドアから、これから待つ壁の前にむけ出発して行った。
        い  っ  て  ら  っ  し  ゃ  い  !
a0134102_14433321.jpg


 11月18日帰国後、アメリカでの模様を、報告したいと思います!  どんな壁になるか楽しみです。
[PR]

by wasukibito | 2009-11-01 16:04 | 佐治実左官


<< 大工職人 関口忠篤氏の造る犬小屋      秋を眺めに一人旅・・・ >>