カテゴリ:心の木陰( 10 )


2013年 06月 22日

日本蜜蜂と大工のお互いの仕事

現在進行中の現場の造作材を加工する、和数寄人大工小屋の大工。
a0134102_21184315.jpg
     



造作材の加工、明るい時間はせっせと働く。
a0134102_21185247.jpg



そして、せっせと働く和数寄人大工小屋の日本蜜蜂。
a0134102_2119412.jpg



懸命なその姿に、またせっせと職人も負けじと働く。
a0134102_21191142.jpg



せっせと働く蜜蜂と、大工との距離はない。
a0134102_21192385.jpg




共存しながらお互い、せっせ、せっせと仕事をこなす。

蜜蜂の仕事に理由はない、

職人の仕事にも理由がない。

なぜならば、与えられた本分に素直に生きているから・・・

自然の偉大さと、摂理を理解をすれば苦など感じずに生きていられる。 のだと・・・

和数寄人はふつうに思いながら、生きている・・・

和数寄人  山根賢志

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2013-06-22 21:48 | 心の木陰
2013年 06月 04日

心と自分の関係

10か月ぶりのブログ更新

この10か月間、今までにない心の多忙な日々を過ごし、疲れたので久々に思いを書き込む事にしてみます。

先週、日本伝統建築技術保存会の金剛寺修繕工事(河内長野市)見学に参加、下の画像がその時のものです。
ただ、置かれた部材に見えるかもしれないけれども、この部材の前では、何故このように補修補強されたのか、
また、それについての疑問点を修復経験者が経験と感性を元に議論を行う姿を目の当たりにする。
マニアックかもしれないけれど、修復時の社会情勢・道具の都合まで感性による分析がなされる。

a0134102_21133063.jpg


その場に自分がいて、先輩(日本を文化を真剣に守ろう)と、いう人がそばに居てくれている事に
正直ながら安堵感も感じた。

勿論、もっともっと勉強したくなる自分に出会えることにも繋がった。



先日、日本古民家再生協会の会合に参加。

古民家の保存に懸命な会員の皆様と、ひとつのプロジェクトについて話し合う会合に参加し、実際に
古民家に住まい、古民家を愛する方々とお話しできた。

ここでは、実際に古民家に住まう方々の強さを感じた。

古民家に住まう人とお話しすると、ライフワーク・ライフスタイルが完全にできる人々である、しかし
そのばを柔軟に(本音を言いつつも)主張できる人々がいました。
なぜ、そのように見えたのかをいいますと、自然に逆らわず、自然と共存し生きておられる姿が
表情・振る舞いに出ていたからだと思います。
自分もそうでありたいとつくずく感じられる場面にいられて居ることに感謝・感謝しています。


鳥取県植樹祭イベント・作庭コンテストに参加します。

和数寄人・えんぞう(作庭家)による植樹祭の公開作庭に参加いたします。
コンテストの意義的には、緑化が目的なようですが、えんぞう・和数寄人の目的は緑化をしざるおえない都市計画
に意義を唱える作品を造りたいと思います。
何故緑化しなければならないのか?  元々人間は自然の恩恵を受け知恵を使い、自然と共存してきた。
自分達の都合でコンクリートジャングルを造り、今になって緑化・・・は ないでしょ。
私達は、自然に生かされ、自然に生き、自然に守られ、自然と共存できる。そんな空間を造りたいと思います。  えんぞうの熱い意識に共感し和数寄人も全力で心を向かわせて頂きます。

そんなこんな、僕は人の心に支えられ、そして心が動き、心が高ぶり、心でこたえ行動をする。

こころ あってこその行動、この積み重ねこそが生きている事なのかな と・・・

和 数 寄 人    


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2013-06-04 22:53 | 心の木陰
2012年 05月 21日

毎日興奮する和数寄人生活

                               皆さんご存知こちら、金環から一日が始まりました。

a0134102_2132849.jpg



                               左官職人・佐治三津弘、アナログに井戸を掘る。

a0134102_214077.jpg



                               和数寄人の蜜蜂の待ち箱に、初の群れが入る。

a0134102_214914.jpg



                               夕方出会った蜂仲間に蕾の付いた金稜辺を一鉢頂く。

a0134102_2141633.jpg


                               毎日いくつかの刺激を受けて和数寄人の一日は終わる。

                   萌え・萌え な日々が続く。 萌え is 和数寄人 鳥取の秋葉系自然派オタクである…。 あと大塚愛も…。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-05-21 21:30 | 心の木陰
2012年 05月 17日

和数寄養蜂 さらに熱くなる!


                    和数寄人の待ち箱のそばにある天然群の巣の様子。あれ雄蜂がたくさん・・・
                  
a0134102_614443.jpg



                                  これは… もしや… 分蜂?

a0134102_6145359.jpg



                                  女王蜂を中心に球が大きくなってきている。

a0134102_615218.jpg


                                     ついに来たの???



にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-05-17 06:28 | 心の木陰
2012年 05月 14日

初心者・和数寄人養蜂研究所熱くなる!

                   現場の移動中、今日も蜜蜂レーダー全開で自然巣の探索。
                  「もしや!あの影は?」同行者Yと興奮気味に近ずいてみる。 ニヤリ!「熱いねッ」
                  早速、大工小屋に帰り量産型の巣箱と満開の金稜辺を現場にset on ! 
                  開始5秒!・・・ 来ました 来ました 日本蜜蜂さん ノリノリで金稜辺に群がります!
a0134102_18532671.jpg



                   順調に偵察蜂が集まりだし、巣箱に出たり入ったり 「もしやこれは大成功」!
                  と思われた次の瞬間・・・別の群れの探索蜂が・・・・!

a0134102_18533517.jpg



                   なんと無情にも熱いバトル勃発!!! 20対20の互角の勝負が!
                  この時脳裏を「クラッシュギャルズvs極悪同盟」が・・・ 収拾不能な状態に! 安部レフリーも流血!
                  場外ではライオネル飛鳥とブル中野が取っ組み合いのガチンコ対決が始まりました! 

a0134102_18534360.jpg



            放送終了後30分。乱闘が収まりホームのクラッシュギャルズ群が勝利し、和数寄人金稜辺を制圧することができました。

a0134102_18535184.jpg


                   僕は蜂じゃないし、蜂の言葉も分からないけど、人間より命がけで一生懸命 働く「生きる」姿に

                   「感動」を覚えました・・・・。

                   蜜蜂は、昔からずっと同じいとなみを継承し、言葉にない伝統を守っている。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-05-14 20:21 | 心の木陰
2012年 01月 18日

17年目の想い

17年前僕の人生を変える出来事が起こった。 阪神淡路大震災

毎年この日を迎えると自分を戒める。 

「どんな激震に見舞われても、絶対に命だけは守る住宅を造り続けたい」

僕は大工なのだけれどもこの仕事は、医師と同じくらい命と密接な関係にある。

だから、ビジネス的な感覚の中で合理性を求める建築産業が単純に嫌いで興味もない。

「それでいい」 戸惑いも感じたことがない。

実際、伝統的な工法で建てられた・神社・お寺・古民家は時を経て強さを実証している。

これからもずっと日本の本物の仕事を追求し保存継承ていく事が僕の使命であると

心に命じ生きてゆきたいと思う。

もっと勉強しなくては・・・

                                                                和 数 寄 人

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-01-18 18:43 | 心の木陰
2012年 01月 10日

大工小屋の朝

今日の鳥取はドンヨリ曇り。気温も低い。寒い。

こんな鳥取なので、斧とドラム缶は大工小屋の必需品であります。


                            大人の火遊び
a0134102_7154783.jpg





















遠赤外線のせいか、体が芯から温まります。

最近ジェットストーブに興味深々。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-01-10 07:33 | 心の木陰
2012年 01月 01日

平成24年 元旦

あけましておめでとうございます。

今年も小さな夢がいくつ叶えられるか楽しみです。

この千木の様にどんな時も天に向かって万進したいと思います。


                      米子市貴布禰神社 屋根飾と大山
a0134102_21242289.jpg






















今年も宜しくお願い致します!


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-01-01 21:34 | 心の木陰
2011年 06月 12日

生かされている


a0134102_19411486.jpg



                                この 美しい 夕日 と 無機質 な 命の電線



                                 生きているのか   生かされているのか?



                                           情けない

                       
                                                                   和 数 寄 人    


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2011-06-12 19:56 | 心の木陰
2011年 06月 04日

大自然と人間の関係

               この画像から被害を見てもらおうという訳ではない。大自然の予想を超えるスケールを感じ取ってもらいたい。

               強烈に見える主観を創ったのは、まぎれもなく人間である。飛んでいるカモメには一切関係のない事。
a0134102_1793419.jpg

                                  ここには20M近くの津波が押寄せた。
a0134102_1795468.jpg


               たとえ、1000年に一度といえども、地球にしてみれば瞬きをしただけに過ぎないのかもしれない。

               海を埋め立て草木を薙ぎ倒し、大自然の領域に容易に立ち入ったのは人間だった。
              人々の造り上げた物は、木の葉の様に軽々と扱われ術を失った。

               河川の整備など、自然に立ち向かう防災も必要なのかもしれない。が、本当に必要なのは、
              自然に寄り添い、無駄に抵抗する事無く、人間の領土を築き上げることではないのか。

               大自然を相手に知恵を生み出せるのも、人間だからこそ成せる事ではないかと考えれば、
              納得ができる。

               この現状を自分の目で見た時、生まれて初めて言葉を失った。本当に こころ が痛かった。
              ここに居た人達の事を 考え 思い出す と、涙が湧水のように溢れ出てくる。

               今僕が思う事、復興に必要だと思う事、それは。全ての命と全ての大自然をひとつに括った、
              地球いう共存可能な宝物を守らなければならない事。復興は人間が大自然に許してもらいながら、
              安に削ったり埋め立てたり積み立げたりせず、自然のままに、自然の中に存在する物で織りなす事。
              
               
                          もう二度と同じ事を繰り返さないためにも・・・。


                                                           和 数 寄 人
   

            
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村                              
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村           
[PR]

by wasukibito | 2011-06-04 19:28 | 心の木陰