和数寄人日記

wasukibito.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:手道具( 4 )


2012年 03月 04日

渡辺清栄作 清久鑿・鉋


              大工にとって道具は命の次に大切な物。見習いの時からずっと刃物に取りつかれている。
             
              今日、念願の渡辺清栄氏作追入鑿10本組と小鉋を手に入れる事ができた。    

a0134102_1653218.jpg



a0134102_16531022.jpg



a0134102_16531761.jpg



a0134102_16532748.jpg



a0134102_16533469.jpg



                これは飾りではない。明日から僕の手先になり共に良い物を残す相棒となる。



にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-03-04 17:14 | 手道具
2011年 02月 27日

浩樹 黒ダルマ玄翁200匁 柄挿げ



                  刻み専用に浩樹ダルマ200匁を市川金物さん(岡山市)から手に入れました。

                 またしても、柄挿げの途中の画像を取り損ね、完成した姿しかお見せできませんでした。

                 ちなみに柄は市川さんに置いてあったグミの丸木を、無理を承知で交渉し分けてもらいました。

a0134102_15185019.jpg


                 柄の長さは7寸。重さと自分の力を考えるとこれ位がベストでしっくりする寸法になります。

                 この玄翁の室の寸法は三分・九分、それに対し柄を極力細くしたくなかったので、
                 入口根元の寸法は五分・一寸、三方に胴着きを付ける格好にし太さを確保。代償に頭に矢は必須に。

                 右手で握るので、丸みの中心を若干左に寄せ、手のひらが自然に包む感じにしてみる。

a0134102_15191998.jpg


                        指の当たる腹の面はあえて樹皮を残してみることに。

                        皮を残す事により、ハードな刻みでも手に豆が出来にくくなるらしいです。

                        柄の曲がり具合は賛否両論ありますが、これも自分の癖に合わせてこの角度になりました。


a0134102_15193390.jpg



                        家を造るのも楽しいが、こうして手道具を自分色にしていくことも何とも言えない
                        楽しさがあります。 職人って意外と幸せなのかな?(笑)
   

                                                        和 数 寄 人                                 
[PR]

by wasukibito | 2011-02-27 16:29 | 手道具
2010年 12月 23日

古式な道具 手斧 (ちょうな)



                          久々に手斧で、檜厚板表面加工。


a0134102_16202985.jpg


                          これは創伸北村さんの飛鳥型手斧。    


 
a0134102_16353097.jpg


                          久しぶりの手斧がけで、終わる頃には手が豆だらけに。

                          昔の大工さんの大変さが分かります。

                                                   和 数 寄 人
[PR]

by wasukibito | 2010-12-23 16:45 | 手道具
2009年 09月 05日

大工小屋の風景  手刻みの相棒、大工道具

       琴浦町某所 北村さんの大工小屋へお邪魔しました。ただいま次の建前にむけ、刻み作業の真っ最中でした。

            出番を待つ手工具達  左・ちょうな 絶滅器具種?の一つです。
            ちょうなを使える職人さんも少なくなっています。   
a0134102_6214072.jpg



                                手鉋と鑿  
a0134102_6251272.jpg



                           梁の上で静かに出番を待ちます。
a0134102_6252873.jpg



                           継ぎ手を刻む職人の手とちょうな。
a0134102_6254613.jpg


        プレカット最盛期だが、職人が手刻みにこだわるのには意味がある。なぜか?

             職人には、家を守る、命を守る義務があるから・・・・

                  北村さんお邪魔しました。
[PR]

by wasukibito | 2009-09-05 06:35 | 手道具