和数寄人日記

wasukibito.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 24日

全国青年技能競技大会 in鳥取 若き大工職人の一幕


             若き大工さんの腕を競う戦場・・・今年は鳥取で開催されました。
a0134102_21423213.jpg

         四方転びの踏み台の製作。簡単に見えるが実はかなり難しい。それを1ミリ単位の精度で技を競い合う。地味ではあるが基本でもあり棟梁を張る匠には避けては通れない最大の難所でもある。「大会に出てなんになる!」そんな職人もいるが、そんな人達の次元ではない。
a0134102_21424914.jpg


         今年も沢山の匠達で異様な雰囲気の会場。各県の予選を通過し、この場に辿り着いた匠達は自信が漲り、最高にいい目をしている… 俺に任せろ・・・ 同じ職人ながらに惚れぼれする。私もこの土俵に立った若き頃を思い出し、アドレナリンを出しながら冷静に競技を見守る。     
a0134102_2143721.jpg


          皆そうだが、仕事を休み、休日も練習に費やし、無給でこの大会に挑んでくる。彼らの志は半端なものではない。何より欲しいものそれは、誰よりも高い技能と精神力、設計士さんには分からないでしょうが、匠は地道に心と技能を培っています。鳥取県内の設計士さん一人もお会いできませんでしたね!残念!
a0134102_21433663.jpg


          皆、やはり鋸挽きがうまかった・・・  さすがでした。
a0134102_21435729.jpg


          6時間という時間のなかで、汗だくになりひとつの課題を競い合う姿は、みんなの日頃の厳しい練習を十分想像することができました。
a0134102_21441098.jpg


           この大会で一番になる・・・やはり勝つ人間は一番努力した人だと思う。
  
           負けて「悔しい」  でも負けてる・・・  来年は君が勝とう・・・

           目標と目的は、まだまだ高い所にあるよね・・・・

          
                   感動しました。みんな頑張ろう・・・   ありがとう…   

                                                  和 数 寄 人
[PR]

by wasukibito | 2009-09-24 21:48 | お勉強の旅
2009年 09月 05日

大工小屋の風景  手刻みの相棒、大工道具

       琴浦町某所 北村さんの大工小屋へお邪魔しました。ただいま次の建前にむけ、刻み作業の真っ最中でした。

            出番を待つ手工具達  左・ちょうな 絶滅器具種?の一つです。
            ちょうなを使える職人さんも少なくなっています。   
a0134102_6214072.jpg



                                手鉋と鑿  
a0134102_6251272.jpg



                           梁の上で静かに出番を待ちます。
a0134102_6252873.jpg



                           継ぎ手を刻む職人の手とちょうな。
a0134102_6254613.jpg


        プレカット最盛期だが、職人が手刻みにこだわるのには意味がある。なぜか?

             職人には、家を守る、命を守る義務があるから・・・・

                  北村さんお邪魔しました。
[PR]

by wasukibito | 2009-09-05 06:35 | 手道具