<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 27日

簡易組立式小室 石巻市災害避難所から要請をいただきました。

     昨日、ある方の御計らいにより、鳥取県庁の災害支援本部へ行き、この取組の支援登録をしてまいりました。
    
    早速に避難所とのマッチングをして頂き、石巻市内の避難所で使用して頂けるということで、ご返答をいただきました。

     この支援により少しでも多くの方のお役になればと心から思います。

     和数寄人内、また多方面からの支援に心よりお礼いたします。

     今回、行動を共にするメンバーはこの支援活動を進める中で、現地に行く事を強く望まれたおふたりの方に決まりました。

    また一緒に行く予定だったけれど、体調に不安を抱え、泣く泣く辞退された方もおられます。

    しっかり気持ちは受け止めていますので、その分しっかり期待に応えてきます。

    出発は物資と心の準備が整いしだい行いたいと思います。

    みんなの こころ もしっかり車に詰め込んで、行ってまいります。

                                                    和 数 寄 人

[被災者支援] ブログ村キーワード
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2011-03-27 13:46 | 災害支援活動
2011年 03月 24日

避難所でプライバシーを守る組立式簡易和室を無料提供いたします。

           東日本大震災で被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

           この度の大震災により避難所で多くの方々が不自由な生活を送られて居られる映像を目にし、
          本当に胸が締め付けられる思いでいっぱいになります。

           和数寄人では避難所に居られる授乳中の方やお年寄りの方々にプライバシーを守るための
          組立式簡易個室を提供をさせて頂きたいと考えております。
           用途と致しましては、乳児に授乳をされる、幼児のおむつ替え、高齢者のおむつ替え、
          女性の方の更衣室、カウンセリングの個室など、さまざまなニーズに使えると思います。
          また 木 畳 和紙 にて構成されていますので少しでも安らぎの効果があると思います。
          二階部分は畳敷きになっていますので人が寝たり、物資や荷物を置く事ができます。
          大きさは、縦1.5㍍ 幅2.0㍍ 高さ1.3㍍ 大人二人が寝れる程度です。
           この小部屋は平成20年の岩手宮城内陸地震の際、避難所になった一関市本寺小学校でご使用頂き
          更衣室、高齢者のかたの休息、小学生の勉強部屋という用途で使って頂きました。
           今現在、部材の点検をすませ、和数寄人内外部よりの支援を受け、万全の態勢で
          鳥取県倉吉市にて待機しております。     
a0134102_15442365.jpg


           現時点で直接行政や避難所へ一方的な呼びかけは大変難しく、また望ましくないと思います。
          もし必要だと思われる方が居られれば、避難所の担当の方と協議させて頂き、理解が得られるのであれば、
          搬入から撤退まで和数寄人が責任を持って行い致します。
          
          この組立式簡易和室は、二基準備してあります。
          この行為により料金等は一切発生致しません。
          ご連絡頂いた順になってしまいますが、どうかご了承下さい。

          連絡先

           和数寄人 代表 山根 賢志

           携帯電話  090-8999-5251

          ほんの少しでもお役になればと思います。ご連絡お待ちしています。



                                                      和 数 寄 人



[被災者支援] ブログ村キーワード
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2011-03-24 17:12 | 災害支援活動
2011年 03月 20日

多聞天像 広目天像 立像開眼法要

           3月7日、湯梨浜町別所 長栄寺にて立像開眼法要が行われた。

         この多聞天広目天像は、約140年前にこの地区が大火に見舞われ、お寺の再建された頃に植えられた 
        カラ松の木が倒木の危険があり切り倒された、その材料から製作されました。
         大火から復興しこのお寺と檀家さんを長く見守り続けてきたこの木をなんとか後世に残せないかと、
        護寺会の方々が考えた末の立像になりました。
         光栄な事に、像と金剛棚の製作を和数寄人の仏師小谷和上氏と私と青亀棟梁がさせて頂きました。


a0134102_1132265.jpg


         霙が降りしきる中、不思議な事が起こりました。和上氏が像の掛け幕を外した途端、空が明るくなり
        太陽の閃光が門と参列者を照らしました。それは開眼に相応しい光景でした。



a0134102_11324634.jpg



        こうして開眼法要を終え、長い間この地域と沢山の檀家さんを見守り続ける事でしょう。

        この度の製作に際し、お寺の歴史や檀家さんの思いにふれ、目に見えない大切な事に
       お手伝いできた事に感謝いたします。


                                               和 数 寄 人
       
  
[PR]

by wasukibito | 2011-03-20 12:23 | 和数寄人 手仕事
2011年 03月 13日

東日本大震災で被災された皆様へ



  この度の大震災で、大変な状況の中におられる皆様へ。

  災害により亡くなられた多くの方々に哀悼の意を表すとともに、今も被災地で困難な生活を強いられる

 皆様の胸中を推察するに、慙愧の念に堪えません。


  まだまだ余震が起こり、気の抜けない状況は続くとは思われますが、どうかお体には気を付けられ

 一日も早く復興が進む事を心からお祈りいたします。


  私が所属する日野ボランティアネットワークも現時点で出動要請の無いまま、もどかしい時間が

 過ぎておりますが、状況を考えると仕方のない事だと思います。ですが必ずお役に立てる事が出来

 ると思っております。

 
                            和  数  寄  人
[PR]

by wasukibito | 2011-03-13 18:33 | 災害支援活動