<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 26日

夏の太子講祭

  先週、島根県伯太町母里にて夏の太子講祭が行なわれ、和数寄人5名で参加してまいりました。  

  ここで初めてお目にかけた方に太子講をご説明いたします。   
  太子講とは聖徳太子を職能神として信仰する同業の諸職人の間で行われる行事です。
  聖徳太子は四天王寺や法隆寺などの建築に関わり、諸職技能士の保護や個人の才能を
  尊重する政策をとったことから、木造建築の守護神として信仰されています。

           母里公民館にて手を合せお寺へ
a0134102_1385052.jpg

































  伯太町永昌寺。余談ですが、向かって左の塀は昨年、ここ母里の後藤屋さんの職人
  仲田さんと共に仕事をさせていただきました。

                            薬師堂へ向かいます
a0134102_1385799.jpg























  薬師堂にて、母里太子講の皆さんと合唱。職人として身の引き締まるひと時。

a0134102_139597.jpg























  地域を越え和数寄人に、太子講の意味や意義歴史を教えて下さった母里太子講さん
  本当にありがとうございました。
  お陰様で、来年より地元での太子講祭を行なえるよう着々と準備を行なっていきます。

  画像左は和数寄人を見守ってくださる御神体「孝養像」仏師和上作
  右は京都の絵師さんによる手書きの掛け軸。
a0134102_1391778.jpga0134102_139254.jpg





























  来春聖徳太子の命日、永昌寺にて孝養像・掛け軸に魂を吹き込んで頂き、太子講和数寄人を地元湯梨浜長栄寺にて開始いたします。


  時代は平成となり技能継承を危惧される事は皆さんもご存じのところ、
  しかし今日の日本文化を支えてきた精神の継承は薄れかけている。
  太子講という素晴らしい精神文化の継承により、技能だけではない
  魅力のある職・職人を次世代へと繋いでいきたいと心から願いつつ。




  
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-08-26 14:37 | 職人 広場
2012年 08月 13日

和数寄人3ヵ月失踪疑惑


 5月よりずっと金環の画像で太陽を隠しっぱなしにしておりました。神様ごめんなさい(汗)
 この3か月間、多忙な日々に追われ皆に失踪したかと思われてもおかしくない和数寄ライフをおくっておりました。
 失踪疑惑の間の和数寄人、こんな事してました。


 地松の乾燥材が急遽必要になりストックの古材を仕方なくお料理。
 尺五角の地松が取れました。もったいないけど仕方がない・・・
a0134102_7583474.jpg






















 三朝温泉老舗旅館。県文の太鼓橋、桁修繕作業中画像
 継手は、尻挟み異形で継いでみました。
a0134102_7584595.jpg






















 倉吉市伝建地区にて、住宅兼店舗の改装工事。
 和数寄人プロデュースの果実とスムージーのお店「くだものや」さん。まもなくオープンします。
a0134102_7585061.jpg






















 先週は出雲大社・瑞垣修繕作業に呼んで頂き、熱さも感じない精神状態での仕事。
 御本殿の足場も外れ、優美な姿の御本殿。いつも朝礼のある運搬ゲート外からの画像。
 場内は撮影禁止なのでゴメンナサイです・・・。
a0134102_7585967.jpg






















 この他にも、40Mの木塀・青亀棟梁の建前・三徳山正善寺庫裏修繕工事などなど、沢山の仕事をさせて頂きました。

 最近思うのですが、20代・30代の若い大工職が本当に少ない気がします。フランチャイズ系の組立工はソコソコおられるようですが、
 ここいらへんで本当に木を扱える職人を育成保護しないと10年後大変な事になってしまうのではとつくずく思う今日この頃。
 皆さんはどうお考えでしょうか?

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2012-08-13 09:26 | 和数寄人 手仕事