和数寄人日記

wasukibito.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 13日

道具を待つ被災地の仲間のもとへ

                8日から4日間、岩手県沿岸部の被災地へ2回目の大工道具支援活動に行ってまいりました。

               今回は、(岡山大学とんかちプロジェクト)さん(長野県新建新聞社被災地に道具を送ろうプロジェクト)さんと
              提携協力し三者合同での支援活動を行なってまいりました。

                        あの日雪の降っていた岩手もすっかり夏の空 (陸中山田駅にて)
a0134102_5384757.jpg



               最初の届け先、陸前高田市の大工さんのもとへ。沢山の道具とともに、佐賀県甲斐さんより寄せられた特殊鉋と金さん。
              
a0134102_53967.jpg



                       陸高ボランティアセンターにて、岡大山本先生よりチエンソーを手渡す。
                      壊れていたチエンソー2台を引き上げ岡山で修理し送り返す事になった。
a0134102_5392874.jpg



                       大槌町のサワダテ大工さん一家と久しぶりの再会。お元気そうで安心しました。
                      手道具を渡し、カモメの卵を頂きました。また遊びに行かせて頂きますね。
a0134102_5395093.jpg



                       山田町商工会議所の呼びかけに集まられた地元の大工さん達。
                      ここでは3プロジェクトから12名の方たちへ沢山の電気道具、手道具が渡された。
                      途中余震に襲われ、津波警報のサイレンが町を包んだ。真面目に怖かった。   
a0134102_5402039.jpg


                       続いて山田町の上林さんのもとへ。これまでに会った方々もそうだが、上林さんもまた
                      妻と5歳の息子ご両親をなくされた。にもかかわらず現実を受け止め復興に立ち向かう。
                      現在、作業場を建築中。 被災地の皆さんは本当に頑張って町を立て直そうとしておられる。
                        左・新建新聞社重黒木さん 中・上林さん 右・和数寄人
a0134102_5404119.jpg


                                    陸中山田駅プラットホームにて
a0134102_5412332.jpg



                        現地の方は不透明な政治に困惑されている。

                       被災地の復興へつながる線路を築き上げ、早く次の駅へ行けるようにしてほしい・・・。

                                                                            和 数 寄 人


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
[PR]

by wasukibito | 2011-07-13 07:26 | 災害支援活動


<< 庭JAPAN 復興支援活動報告...      職人を助けてくれる人達の思い。 >>